カテゴリー「ネット事情」の5件の記事

2011年5月18日 (水)

janjanへの記事

 ----------------

2008年2月、海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突により「清徳丸の父子が死亡した事故で、業務上過失致死と業務上過失往来危険の罪に問われた、元あたご当直士官2人の判決公判が、5月11日に横浜地裁であった。
 公判では「清徳丸」の航跡をめぐって、検察側が「清徳丸」の僚船の証言をねつ造していたとして裁判所は独自に航跡を特定、「清徳丸」が事故直前に2回右転し危険を生じさせたとし、「衝突の危険を生じさせた「清徳丸」が回避義務を負っていた」と判断。「あたご側に回避義務はないから、両被告が注意義務を負っていたとは認められない」と両被告に無罪の判決を言い渡した。

 時事ドットコムの詳細記事(図入り)
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011051100209

 事故当時、マスコミは当然のごとくイージス艦が事故を起こした、「あたご」が「清徳丸」に衝突した、という論調であったが、事実は漁船の方がイージス艦に突進している。

 さて、ここjanjanの過去記事に、事故当時の田中龍作記者の「あたご」関連記事がある。
 http://janjan.voicejapan.org/living/0802/0802241383/1.php
 曰く「イージス艦「あたご」に沈められたマグロはえ縄漁船清徳丸の母港云々……
 やはり、事故の詳細も分からないうちから早々に「あたご」が「清徳丸」を沈めた事になっている。
 当時はどうあれ、現在各マスコミが「清徳丸」側の過失を報道している中で、田中龍作記者はデマ記事を書き飛ばした件について口をぬぐって沈黙している。
 田中記者はjanjanの一般の素人の記者とは違い、プロのジャーナリストを名乗り、既存のマスコミに挑戦すると息巻いているようである。だが、このように結論ありきの記事を書き殴り、誤りがあっても訂正しようとしない姑息な記者の存在を見れば、所詮ネットジャーナリズムのの信憑性など、既存マスコミの足元にも及ばないのであろうと、世間に納得させられるものである。

---------------

 という記事をjanjanに書いたら投稿フォームを凍結措置されましたわ。分かってた事だけど、自分らの主張の都合の良い記事はどんなに個人への誹謗中傷だろうと電波陰謀論だろうと平然と掲載するのにね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

「イカロスとはやぶさがキャッキャウフフしてたらボイジャー参戦w」

http://togetter.com/li/14479
 twitter上での、小惑星探査機はやぶさ君(の中の人)と小型ソーラー電力セイル実証機IKAROS君(の中の人)の掛け合いをlaresjp さんという方がまとめてくれたページです。 こうして見るとあらためて、笑わせてくれたりしんみりさせてくれたりと、楽しい~。
 そこにボイジャー2号も参戦!……いや、中の人なのだけど、皆さんのりのりなので、SF映画のワンシーンの会話のよう……。

ボイジャー2号:
 @Hayabusa_JAXA Thank you for your follow recommendation! エコーは感謝する! (?)
 (フォローのおすすめしてくれてありがとう!反響に感謝します!)

はやぶさ(dVさん):
 Great honor to receive a reply from the interstellar explorer!! I wish you good luck, @Voyager2, and I'll go back to the Pale Blue Dot (dV)
 ((あの有名な)恒星間航行探査機からお返事頂けて光栄です。
  ボイジャー2号、(あなたの旅路に)幸運がありますように。
  僕は(あなたがかつて撮影した)"Pale Blue Dot" に帰ります)

ボイジャー2号:
 @Hayabusa_JAXA I watched you at Itokawa w/ great interest. My best wishes for a successful return this summer!
 (君がイトカワにいるところを実に興味深く見させてもらいました。
  願わくば夏の帰還が成功することを!)

はやぶさ(dVさん):
 @Voyager2 Thanks 4 watching my adventure! My tiny Itokawa tour was as full of pleasure and excitement as your Grand Tour among planets. (dV)
 (僕の冒険を見てくれたんですね!
  僕のイトカワへの航海は小っちゃいものだけど、
  惑星から惑星へと渡ったあなたの大航海と同じくらいの
  喜びと興奮がありました)

ボイジャー2号:
 @Hayabusa_JAXA Thank you. I truly hope you were able to capture some material for return.
 (サンプルが採れていることを本当に願っているよ)

はやぶさ(dVさん):
 @Voyager2 Thx 4 kind words. Scientsts around the world are looking 4ward 2 gettng some sampls. JPL people are also supporting my return!(dV)
 (世界中の科学者がサンプルを楽しみにしてくれているんです。
 (あなたを運用している)JPLの皆さんも僕が帰れるように
 力を貸してくれています!)

翻訳:SubaruTakeshima さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

日本のカレーライスを熱愛する米国人記者

http://wiredvision.jp/news/200805/2008050121.html
http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200805/20080501091255.html

そんなに絶賛してくれると嬉しいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

オーマイニュースをち

 市民ニュースサイト、オーマイニュース日本版が先日一周年を迎えた。ここ、前編集長の鳥越俊太郎さんが、早々に2chに喧嘩を売って、創刊準備ブログを大炎上させたのを始め次から次へといろいろやらかしてくれるので、結構楽しんでいる。

  記事に対するコメント機能は市民記者でないと使えないので、(いろいろな意味で)面白記事にコメントする為に、私も一応、市民記者という事になっている。何故か、辛辣なコメンテーターとの評価が固まっている(変だな)  2ちゃんのをち板や、周辺のをち系ブログの面々は、なぜか今や、よちよちあるきの子供を見守る気分で、編集部へのアドバイスやら、記事の校正係を買って出ている。

  最近は強烈な電波記事も減って、つまらなくなったと(笑)をちを離れるヲッチャーもいるけど(あるいは個人的な理由によって)私はもう少し、をちを続けてみようかなと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

タイミング

 年末年始の挨拶をし損なうと、また書き始めるタイミングが難しい……。
 まずは、皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 えーと、「硫黄島からの手紙」観て来ました。
 正直、内容にそれほど感動したというほどでは無かったのですが、監督がアメリカ人(クリント・イーストウッド)という事で、色々よく調べてるなー、という事に感心しました。千人針なんて、アメリカの人は説明しなきゃ解らないよーとか。渡辺謙さんはやっぱり存在感ありました。
 現在の硫黄島には、米軍・自衛隊基地が置かれているのだとか。日本の領海、領空を日々守ってくれている自衛隊の皆様には感謝!いたします。

 話変わって、18日の木曜日からバンダイチャンネルKids、「あずまんが大王」の無料配信が始まりました。今週は1~13話まで。木曜日更新だから、多分来週は14話~26話の配信かな。私、「あずまんが大王」大好きなんですよ~。このアニメ版は、以前TV放映していたときには見そびれていたので、今回の配信はすごく楽しんで観ています。

  追記

 正確な放映スケジュールが解ったよー。

 第1話から13話までを1月18日から2月15日正午まで配信。第14話から第26話を、2月15日正午から3月1日正午の期間で配信、だそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)