« ATOK2009 | トップページ | 最後の炎上大会 »

2009年4月 2日 (木)

オーマイニュース/オーマイライフが本当の本当に最後

 韓国発の市民ニュースサイト「オーマイニュース」日本版は、いよいよ二年半の幕を閉じるようです。鳥越俊太郎編集長の下、初っ端からネットユーザーに喧嘩を売って大炎上。その後もヲチャさん達を引きつけてやまなかったオーマイニュースに、贐の言葉が次々に贈られています。何はともあれ、中の人もヲチャさん達もお疲れ様でした。
 ところで、元「中の人」のてつさんによると、本家のオーマイニュースは大盛況なんだそうです。何でそんなに盛り上がるのか逆に不思議だわー。想像するに、日本よりはよっぽど良質な原稿が集まっているのだとは思いますが、それらの優秀な書き手が個々にブログを立ち上げたりということは無いんですかね?

オーマイニュース終了に当たって思い出を書いてみる(一部のインターネットメディアにおいて実名を曝さずに市民記者になる方法 )
http://blog.goo.ne.jp/hiranohideki/e/4ba1bfaccba6226fdd49917d90ce7e62

●あり得ない、オーマイニュースもといオーマイライフの終わり方(こしだのITジャーナル)
http://blog.goo.ne.jp/koshidasui/e/c7af63e7589f9eff279c4aa991e635c8

オーマイニュース終了(にいはんは周回遅れ)
http://blog.goo.ne.jp/okureniihan/e/2b371c4e9f9cce38980b3ca8e38f45c9

さよならオーマイニュース(魔酢苦怒・あおむしはグレー体験者且つ元スーパー市民記者

http://blog.goo.ne.jp/stopbusuzima/e/eebc46cede9bd6bda67aa3c354f02b15

オーマイニュース完全終了のお知らせ(肝臓(レバ)☆ガチャ)
http://watanabesetsu.iza.ne.jp/blog/entry/969231/

オーマイ終了のお知らせ(スナギモ論)
http://blog.goo.ne.jp/blue_leo/e/591dc65c9b0f5ba58fd88c13bb55d4d8

終焉(Monkeyのダラダラ日記)
http://blog.goo.ne.jp/monkey_4055/e/7dae4d4067de96bab3805346c82329a9

いろんな人にとっての黒歴史(Oresama  News)
http://blog.goo.ne.jp/oresama-news/e/fafafd117bb985281e09219410395f77

おまいら。。ごめん(オマイラとは違うんです。)
http://ameblo.jp/athouse/entry-10231886110.html

無様だな((元)オーマイニュースのダメ記者日記)
http://d.hatena.ne.jp/Cyhyraeth/20090325/1237996987

お疲れ様でした(じぇじぇのお転婆ブログ♪)
http://blog.goo.ne.jp/ricepaddle/e/7cc5a2da77a0e793020083f1d03c2f64

最後に(だらけ)
http://blog.goo.ne.jp/neko911_2006/e/754fa71e05c3c4b25505b4748d8d2628

|

« ATOK2009 | トップページ | 最後の炎上大会 »

コメント

記者みんなオーマイブログもやってますよ。(自分も含めて)
ブログのPVが全体の15%以上あるそうなんで。

あと財務的にはとこも苦しいだろうけど、
自分が言ったのはPVのことです。

これはNAVERのニュース配信のシステムが変わったというのももありますが、李大統領にあきれた人たちが増えている証拠に捉えてもいいんじゃないかと。

投稿: てつ | 2009年4月 5日 (日) 02時03分

てつさん、こんにちはー。
本家オーマイはブログも併設されているんですか?記者しか見られなかった日本オーマイの記者クラブ制より、開放的で面白そうですね。
んーと、オーマイの記者以外の人のブログの普及率ってどんなもんなんでしょう?
つまり、オーマイが日本に上陸した時点で、日本のネットユーザーには、ブログをはじめとした自己表現のツールは豊富にあったわけで、主張したい、自己表現をしたいと思った人は、すでにそうした手段を持っていたわけですよね。その辺、オ・ヨンホさんはどんなお考えだったのでしょうか……。
日韓のネットユーザーの気質の違いとかもあるのかなぁ?
鳥越さんあたりは、訳も分からず既存のネットユーザーを敵視して失笑を買っていましたが、怪我の功名、優秀な見物人が集まっていました。
でも、見物人ばかりいても収益が上がらなかったのはお気の毒なことでした……。

投稿: kusanagi/紅玉 | 2009年4月 7日 (火) 22時23分

てか、なんで鳥越さんだったのか、小一時間問い詰めたい気も^^;、韓国の人にとって、日本のネット界ってド素人でもビジネスできるフロンティアの地だと思われているんでしょうか?

投稿: kusanagi/紅玉 | 2009年4月 7日 (火) 22時38分

むう、最後のバスに乗り遅れてしまった気分だ。

>なんで鳥越さんだったのか、

始めるにあたっては鳥越氏の名でネット中の立役者が吸い寄せられ面白かったのだが、ネットのビジネスとしては旧来のメディア構造を踏襲しただけのものになってしまった。
編集は旧来のメディアで働いていた人達だったわけだし、マスコミが凋落していく時代にあわせオーマイも凋落したのだろうな。

「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」か。

投稿: ひらりん | 2009年4月23日 (木) 22時28分

ひらりんさん、こんにちはー。
鳥越さんの登場で呼び寄せた見物人を使いこなせなかったのはもったいなかったですね。
ビジネスに関しては、広告モデルしか考えてなかったのなら、とにかくユーザーを増やすのが至上命令のはずなのに、聞かなくて良い雑音と真剣に議論を挑んでいるユーザーの区別が付かない編集部が、十把一絡げに読者に喧嘩売ってたし^^;

投稿: kusanagi/紅玉 | 2009年4月26日 (日) 03時48分

すいません。
3/28に書きっ放しジャーマン極めていました。
TBいただいていたとは、すみま、すみませんでした、すみま。

それにしても、今日知ったのですが、終わった後も、あんな事をやってたなんてびっくりです。


投稿: athouse | 2009年6月 2日 (火) 23時31分

athouseさん、こんにちはー。
ねー、びっくりだよね。なんだか酒飲みながら上司の悪口言って、さらに過去のあれこれについて、あれはこうだったから、これはこうだったからと言い訳してました。一生懸命、言い訳の立つ事例を探してきたように見受けられました。愉快な人達でした。

投稿: kusanagi/紅玉 | 2009年6月 6日 (土) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145937/28918871

この記事へのトラックバック一覧です: オーマイニュース/オーマイライフが本当の本当に最後:

» オーマイニュース完全終了のお知らせ [肝臓(レバ)☆ガチャ]
 一昨日の既報のとおり、昨年9月に市民メディア「OhmyNews」(オーマイニュース)日本版のニュースサイト運営停止に伴って立ち上げられていた参加型セールスサイト「Oh!MyLife」(オーマイライフ)も閉鎖が決定されました。これに合わせて、旧オーマイニュースの内容を保存・公開していた「ニュースアーカイブ」も閉鎖され、公式には「 過去の経歴は全て抹消済み 」になります。  今年1月には旧オーマイニュースのパロディ兼補完サイト「ノラナイニュース」も無くなりました( 記事リンク )ので、来月をもちまして... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 20時42分

» ●オーマイニュースが教えてくれる素人の限界 [こしだのITジャーナル]
有限会社アズモードの宮脇睦氏による「オーマイニュースが教えてくれる素人の限界」という記事を読んで、なるほどなとは思いつつも、少し違うのではと思う部分もあった。 なるほどなという部分は「路上ミュージシャンも詩人も絵描きも料理人も、商品価値を持つ存在は「プロ」になっていく」というくだりで、そういう記者をうまく育て上げられなかったからオーマイニュースは失敗した、というのはよく分かる。 しかし宮脇氏はこの記事の最後の部分で、わざとなのか、切れのいい結論を出していない。 「プロにはプロたる理由があり、一... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 18時46分

« ATOK2009 | トップページ | 最後の炎上大会 »