« 親王ご誕生 | トップページ | 復旧? »

2006年9月25日 (月)

映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」

 「ゲド戦記」
 あー、なんとなく、物語の印象が散漫で、しかも、提示した謎が解決されてないのが気になった。何で、シリーズ全編を通した映画を作ろうとしちゃったのかなー。そして、それでなくとも足りないであろう時間の中に、オリジナル要素まで割り込ませる意味も分かりませんでした。
 唯一心打たれたシーンは、影のアレン(実は光のアレン)が、クモの城に乗り込もうとしているテルーを励ます場面です。ただ、この影=光のアレンというのは、原作とは真逆の意味合いを持っているので「これでいいのか?!」と余計な心配をしてしまいました(^^;
 
 「デッドマンズ・チェスト」
 普通に面白かった!
 ちょっと長かったお尻と首が痛くなった。

 「日本沈没」
 面白かった。でも、どうも草彅剛と柴咲コウのカップルが恥ずかしくてしかたがなかったのはなんでだろ~。あんまり”恋人”っていう雰囲気が無かったせいかな。輸送ヘリの前で主題歌をバックに抱き合うシーンは最高の見せ場のはずだったのに、「早く終わらないかなー」とか思いながら見てました(^^;
 非難民達が、空港、港への避難から、「高い場所」への避難に切り替えざるを得なくなるあたりの描き方はじーんときました。
 本物の自衛隊機の活躍はカッコ良かった!
 あと大地真央の鷹森はカッコ良かった!
 福井晴敏さん夫妻確認!

|

« 親王ご誕生 | トップページ | 復旧? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145937/3568282

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」:

» ゲド戦記 [Dream and Reality Ⅱ ]
先日映画”ゲド戦記”を見てきました。 だいぶブームも落ち着き映画館はガラガラ・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 14時12分

» 柴咲コウのこころ [柴咲コウのこころ]
知り合い曰く「柴咲コウは確かにうつくしい」とのこと。個性的で仕方がありません。でている雑誌をチェックしている人は多いでしょうね。柴咲コウ抜きに今の芸能界は語れません。 雑誌は欠かさずチェックしていますよ〜。 [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 13時28分

« 親王ご誕生 | トップページ | 復旧? »