« 引越し | トップページ | 映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」 »

2006年9月 8日 (金)

親王ご誕生

 9/6秋篠宮家の紀子様が、親王をご出産された。
 おめでたいことであるが、ご出産xデー前に、マスコミは、「女の子用」「男の子用」2種類の原稿、番組編成を用意していたそうだ。
 それが私は不思議だなーと思ったわけです。
 たしかに、数十年ぶりの皇室の男子誕生ではありますが、皇室典範改正が議論されてるいま(なんとなくうやむやになりそうですが)今のところ、"宮家の第3子がお生まれになった”というだけで、女のお子様と区別する必要は無いように思われるのです……。(議論の行方によっては愛子様が女帝として立つこともあるわけで)

 皇室典範議論……。
 難しい問題とは思いますが、早い決着があればいいなと思います。今のままでは誰も幸せではない気がしますし、将来の天皇家にまた問題が先送りでは、天皇家そのものの存続もあやぶまれるような気がします。
 
 個人的には、女性天皇擁立・女系容認を推します。
 お血筋の維持ということについては、
 ・天皇家が"万世一系である"前提に疑問がある
 ・お血筋を維持するための現実的な案を見たことが無い
 ・"万世一系である"がゆえに世界の王族の中でも上位に置かれている?というのは現実問題として重要なことなのか?疑問がある。
 ということで、お血筋がどうこうよりも、皇室そのものの魅力で、十分、世界の王室との外交をすすめていかれる事が出来るファミリィ・日本の支柱の方々だと思っております。

 ウィキペディア
 皇位継承問題 (平成)

|

« 引越し | トップページ | 映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145937/3360681

この記事へのトラックバック一覧です: 親王ご誕生:

« 引越し | トップページ | 映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」 »