« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月25日 (月)

映画「ゲド戦記」「デッドマンズ・チェスト」「日本沈没」

 「ゲド戦記」
 あー、なんとなく、物語の印象が散漫で、しかも、提示した謎が解決されてないのが気になった。何で、シリーズ全編を通した映画を作ろうとしちゃったのかなー。そして、それでなくとも足りないであろう時間の中に、オリジナル要素まで割り込ませる意味も分かりませんでした。
 唯一心打たれたシーンは、影のアレン(実は光のアレン)が、クモの城に乗り込もうとしているテルーを励ます場面です。ただ、この影=光のアレンというのは、原作とは真逆の意味合いを持っているので「これでいいのか?!」と余計な心配をしてしまいました(^^;
 
 「デッドマンズ・チェスト」
 普通に面白かった!
 ちょっと長かったお尻と首が痛くなった。

 「日本沈没」
 面白かった。でも、どうも草彅剛と柴咲コウのカップルが恥ずかしくてしかたがなかったのはなんでだろ~。あんまり”恋人”っていう雰囲気が無かったせいかな。輸送ヘリの前で主題歌をバックに抱き合うシーンは最高の見せ場のはずだったのに、「早く終わらないかなー」とか思いながら見てました(^^;
 非難民達が、空港、港への避難から、「高い場所」への避難に切り替えざるを得なくなるあたりの描き方はじーんときました。
 本物の自衛隊機の活躍はカッコ良かった!
 あと大地真央の鷹森はカッコ良かった!
 福井晴敏さん夫妻確認!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 8日 (金)

親王ご誕生

 9/6秋篠宮家の紀子様が、親王をご出産された。
 おめでたいことであるが、ご出産xデー前に、マスコミは、「女の子用」「男の子用」2種類の原稿、番組編成を用意していたそうだ。
 それが私は不思議だなーと思ったわけです。
 たしかに、数十年ぶりの皇室の男子誕生ではありますが、皇室典範改正が議論されてるいま(なんとなくうやむやになりそうですが)今のところ、"宮家の第3子がお生まれになった”というだけで、女のお子様と区別する必要は無いように思われるのです……。(議論の行方によっては愛子様が女帝として立つこともあるわけで)

 皇室典範議論……。
 難しい問題とは思いますが、早い決着があればいいなと思います。今のままでは誰も幸せではない気がしますし、将来の天皇家にまた問題が先送りでは、天皇家そのものの存続もあやぶまれるような気がします。
 
 個人的には、女性天皇擁立・女系容認を推します。
 お血筋の維持ということについては、
 ・天皇家が"万世一系である"前提に疑問がある
 ・お血筋を維持するための現実的な案を見たことが無い
 ・"万世一系である"がゆえに世界の王族の中でも上位に置かれている?というのは現実問題として重要なことなのか?疑問がある。
 ということで、お血筋がどうこうよりも、皇室そのものの魅力で、十分、世界の王室との外交をすすめていかれる事が出来るファミリィ・日本の支柱の方々だと思っております。

 ウィキペディア
 皇位継承問題 (平成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »